痴漢記録日記 vol.43のレビュー

作品紹介

タイトル:痴漢記録日記 vol.43
発売日:2020年12月4日
メーカー:MOLESTIC

容赦なく群がる汚れた手!何も知らない女達、弱肉強食の掟にのっとった衝撃映像第43弾!か弱い女たちが痴漢達の本能に飲まれていく!強引に感じさせられ痴漢に堕ちるお姉さん!イヤイヤアピールをしながらも快楽に溺れる美熟女!そして、乱暴にされながらも吐息を漏らした制服娘!乱暴に脱がされ曝け出される白い乳房…指でいたずらされ、まだ未開発なピンク色の乳首が勃起する…汚れた大人たちの欲望に飲まれた青い性が開花する!この現実を見逃すな!
【シーン1】口元のほくろがセクシーなお姉さん。強引な痴漢の胸触りに嫌悪感を露わにするも、痴漢に早変わりした男達に襲い掛かられ、正直な体が反応しだす!そして、いつしか快楽に耐えるエロ顔に!綺麗な顔が歪むその様はまさにエロ!現実と本能のはざまに揺れる女の性を見逃すな!
【シーン2】THE美熟女。どこからともなく香るエロ臭に惹かれた痴漢男達が群がりだす!ナイスプロポーションに興奮が止まらない痴漢達…痴漢の手を抑えるように伸ばしてきた女の手、しかしそれは痴漢達を誘う甘い蜜!イヤイヤアピールをしながら抵抗する気を見せないドスケベ熟女がここにいる!【シーン3】青いカラダに容赦なく群がる男達!まさに男尊女卑ともいうべき一方的な犯行現場!ボタンを外され露わになる白い乳房…清楚感たっぷりな白パンティを汚していく手。そして、ピンク色の綺麗な乳首をつまんで悪戯する痴漢男…嫌がっていたカラダも徐々に反応し、乳首の刺激に敏感に反応していく青いカラダ…ビンビンに立たせた乳首は性の目覚めか!? ※本編中、音声が収録されていない箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものであり、異常ではありません。

サンプル画像

サンプル動画

作品のレビュー

1人目:大人っぽい雰囲気のお姉さん

これからカフェにでも行くのかな?という雰囲気の、ロングスカートが似合うお姉さんです。
胸は小さいですがスタイルもよく、さわりがいのありそうなお姉さんです。
落ち着いた大人の雰囲気のお姉さんに、これから起こることを想像するだけで、私のアレが反応し始めます。

電車に乗って、まず手始めに、ゆっくり胸をまさぐられていきます。
男性の手先がエスカレートするにつれて、だんだんと苦悶の表情が強くなっていくのを見ていると、私の興奮も高まってきます。
どんどんと攻め手が増え、4人の男性に囲まれて同時に痴漢を受けるうちに見せる、絶望の表情と、抵抗を諦め始める姿は必見です。
その後、4名の男性からの痴漢がどんどんエスカレートしていき、胸は服の中に手をつっこまれてまさぐられ、下半身は乱暴にパンティーの中をかきまわされてしまいます。
絶望、苦悶の表情をしているかと思いきや、だんだんと表情が快楽を感じ始めているように見えてくると、私のアレもはちきれんばかりにギンギンになりました。
最終的に、大人の雰囲気にマッチした紫の下着がグチャグチャにされる姿はたまりませんでした。

2人目:スタイル抜群熟女

スカートから見える、すらっとした太ももが印象的な熟女さんです。
おっぱいは控えめですが全身細めでスタイル抜群です。
本当に駅で見かけたら、しばらく観察してしまいそうな女性ですね。
品の良さそうな花がらのスカートがグチャグチャにされることを想像すると、それだけでムラムラときてしまいます。

乗車後、さっそく花がらのスカートの上から、おしりのおさわり開始です。
うすめの生地のスカートの様でスカート越しの感触もよさそうです。ファーストタッチの時の耐えるのような、それでいて気持ちの良さそうな熟女の表情が、いやらしくていいですね。
終始その表情を撮られるのを嫌がるそぶりを見せるのも、私の加虐心をくすぐってやみません。
若干抵抗しますが、本気で振り払っている様には見えないです…溜まっているんでしょうかね?そう考えると私のアレがだんだんと反応し始めます。
攻め手がエスカレートして、青いパンティーの中のアソコに指が侵入する頃には、もうアソコはグチャグチャなご様子。
手を振り払うこともなく、ただただ見知らぬ男の指を受け入れる美しい熟女の様子から、相当なドスケベさんなようです。普段のベッドの中ではどんなプレイをしているのでしょうか?気になってしまいますね。

3人目:ロング茶髪JK

ロングの茶髪が似合う、クラスの中心にいそうな、かわいらしいJKです。
これだけのロングでしかも茶髪なのに、髪がキレイです。
相当美意識が高いのでしょう。
それだけオスを欲しているという事です。
自意識の高いお年頃ですから、香水ムンムンでいい匂いがしそうですね。

制服の下に隠れた、若いプリプリのからだがどうなってしまうのか、表情がこの後どうなってしまうのか、期待に胸と私のアレが膨らみます…。

まず、茶髪のJKらしからぬ清純そうな下着が目に付きます。
茶髪にしてもJKはJK、まだ汚れを知らないのでしょうか…そう考えるとなんともいえない背徳感が押し寄せ、ムラムラが止まりません。
おしりもすごいハリがよさそうで、さわり心地がよさそうです。
こんなおしりならずっと揉んでいたいです。
その後、別の男性の手が胸の方に伸びていき、ブラウスのボタンを外していき、ピンクのブラジャーがあらわになっていきます。
それだけでも私の興奮は最高潮に達しましたが、さらに男性の手はあろうことかブラジャーの中にまで手を入れて、乳首をコリコリしはじめました…これにはあたしのアレも張り裂けそうになるくらいビンビンになってしまいました。
どうしていいかわからなくなっているような戸惑いの表情と、乳首をコリコリされるたびにピクピクしてしまう若いからだは最高ですね。

終了後に悲しげに歩く後ろ姿で、どんな絶望の表情を浮かべているのでしょうか…それを考えただけで抜けてしまいそうな作品でした。

作品の購入

 

痴漢記録日記シリーズはFANZAでは取り扱いがありません。
内容が濃すぎて販売できない大人の事情があるのでしょうか?
DUGAで購入する事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー